ICT(情報通信技術)の実践的なスキルが身に付きます

これからのユビキタス社会を支える情報技術は、IT(情報技術)からICT(情報通信技術)へと進展します。システム情報工学科では、プログラミング、ネットワーク構築、Webコンテンツ制作・配信などのICT技術を基礎から習得して、次世代の情報産業分野を担う人材を育成します。

詳しく

ICTスペシャリスト育成講座 第9~11日目 -コーディング、単体試験-

 平成20年度あおもりOSS中核人材育成事業で進めている題記講座(第9~11日目)が、8月30日、9月3,4日、行われました。これまでに作成してきた「システム提案書」「サービス機能仕様書」「ファイル構成」「データベース定義」を基にPHP、JavaScript、HTMLを用いてコーディング(プログラム作成)を行いICカードリーダ/ライタを利用したWebアプリケーションシステムを作成します。コーディングはサービス機能仕様書作成時のようにファイルごとに分担して作業を行いサーバで組み合わせてひとつのシステムとします。また、ICカードリーダ/ライタやデータベースへの書き込みは開発環境ではできないため擬似的な環境を用意してデバッグ(プログラムの修正)を行います。


 <単体試験手順書>

<問題処理連絡表一覧>