3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

システム情報工学科の学習・教育到達目標に基づく所定の教育課程を修め、情報通信技術(ICT)および情報関連分野における以下の資質・能力を身につけたと認められる学生に対し、「学士(工学)」の学位を授与します。

(A) 社会人としての良識と倫理観を備え、地域社会への関心をもつとともに、地球的視野を身に付けている。

(B) 専門分野の基盤となる基礎知識をもつとともに、これらを活用して社会の発展に貢献できる。

(C) コミュニケーション能力と国際人としての素養を身に付けている。

(D) 情報技術の専門知識と応用展開能力を身につけ、社会の課題に対して実践的に対応できる。

(E) 自ら積極的に学ぶ意欲および時代変化に継続的に対処する能力をもち、情報技術の融合によって課題解決できる。

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシーは次のページをご覧ください。

カリキュラム・ポリシー

アドミッション・ポリシー

パソコンや携帯端末、家電製品や自動車、インターネットからゲーム機にいたるまで、私たちの身の回りはICT(情報通信技術)が支えています。そして、ソフトウェアおよびコンテンツ産業は成長著しい分野です。システム情報工学科は、将来こうした情報社会を築く人が、興味をもって学んで行ける場です。これからの情報社会を支えるエンジニアとして活躍できる、高い倫理観、工学の基礎学力と情報技術に関わる専門知識、グローバルな視野、コミュニケーション能力を身につけ、異なる分野の人とも協調して課題解決にあたれる人材を育成します。

コンピュータや情報機器に興味を持ち、ソフトウェアの制作や利用にたずさわる仕事に関心があって、高い倫理観をもって情報社会に貢献することを志し、情報技術の修得に真摯に取り組んで自ら学ぶ努力を惜しまない人を受け入れます。

タイトルとURLをコピーしました