ICT(情報通信技術)の実践的なスキルが身に付きます

これからのユビキタス社会を支える情報技術は、IT(情報技術)からICT(情報通信技術)へと進展します。システム情報工学科では、プログラミング、ネットワーク構築、Webコンテンツ制作・配信などのICT技術を基礎から習得して、次世代の情報産業分野を担う人材を育成します。

詳しく

本学科学生が文部科学大臣奨励賞を受賞!

システム情報工学科3年生の沼山廉 君(八戸工業出身)が2012年度CG-ARTS検定「CGエンジニア検定ベーシック」において「文部科学大臣奨励賞 個人賞」を受賞し、3月11日(月)には、CG-ARTS協会(公益財団法人画像情報教育振興協会)の教育事業部教育推進グループセクションチーフの 浮ヶ谷 修 様にご来校いただき、学長室にて表彰式を行いました。文部科学大臣奨励賞 個人賞は全国の受験者の中から各部門で最高成績を収めた合格者を表彰するもので、CGエンジニア検定はCGの技術に関する基本的な理解とプログラミングなどに知識を利用する能力を測る試験です。

システム情報工学科では、CG-ARTS協会の認定教育校として、カリキュラムの導入や学内試験の実施など資格取得に向けた支援を行っています。

numayama01

 

numayama02

 

numayama03