ICT(情報通信技術)の実践的なスキルが身に付きます

これからのユビキタス社会を支える情報技術は、IT(情報技術)からICT(情報通信技術)へと進展します。システム情報工学科では、プログラミング、ネットワーク構築、Webコンテンツ制作・配信などのICT技術を基礎から習得して、次世代の情報産業分野を担う人材を育成します。

詳しく

あおもりオープンデータ活用推進フォーラム2018で表彰されました

イベント

平成30年3月19日にワ・ラッセで開催された「あおもりオープンデータ活用推進フォーラム2018」(青森県、あおもり官民データ活用推進コンソーシアム、特定非営利活動法人地域情報化モデル研究会)において,八戸工業大学が「普及啓発貢献部門」で表彰されました.

あおもりオープンデータ活用推進フォーラム2018

表彰されたのは,昨年度,今年度のオープンデータに関する取り組みが優れていたことによるものです.
具体的には,インターナショナル・オープンデータ・デイの開催(八戸市のIT企業・株式会社アイティコワークとの連携),青森県オープンデータ利活用人財育成事業に学生が参加したことと,システム情報工学科 小久保教授によるあおもり官民データ活用推進コンソーシアムのデータ活用アドバイザ活動によるものです.

これらの活動には,学生の貢献が大きく,特に3月20日に卒業した4年生の助川友太君,滝沢健太君の2人の功績(Androidアプリの開発と公開および広報,今年度の青森県オープンデータ利活用人財育成事業のサポート)が著しかったです.
今回は,この2人がフォーラムに参加し表彰されました.