ICT(情報通信技術)の実践的なスキルが身に付きます

これからのユビキタス社会を支える情報技術は、IT(情報技術)からICT(情報通信技術)へと進展します。システム情報工学科では、プログラミング、ネットワーク構築、Webコンテンツ制作・配信などのICT技術を基礎から習得して、次世代の情報産業分野を担う人材を育成します。

詳しく

東北TECH道場 八戸道場 成果発表会

システム情報工学科教員の伊藤です。

東北tech道場の今期のまとめとして発表会が開催されました。

システム情報工学科からは、2年生の助川くんが発表しました。
発表の様子

東北tech道場は、Googleが後援による、Androidアプリ制作のための、プログラミング道場です。参加者は自分のパソコンを使用し、Androidアプリの開発方法を学びます。

発表会当日とこれまでの様子は、八戸市のITベンチャー企業アイティコワークの岡本さんにより、こちらにまとめられています。
東北TECH道場 八戸道場

参加資格や条件は特にないのですが、高校生や大学生にとっては、自分のPCを準備するという点が一番難しかったかもしれません。

大学生活は自分のパソコンを持つことでいろいろな事がはかどります。また、持っているだけでも意味はありません。自分で問題を発見し、自分で答えを見つける道具としてコンピュータの理解を深め活用して欲しいと感じます。

次回の開催についての詳細はまだ未定ですが、次の機会も積極的な参加を期待しています。